テキサス研究留学日記

テキサスに放牧された大学院生が博士号を取るまでの奮闘記

海外のススメ:一人でシンガポールに行ったら人生が少し変わった件(前編)

f:id:masa_saito:20160522094447j:plain

こんにちは。Mr. Saitoです。

 

これはもう6年くらい前の話になりますが、一人でシンガポールを旅行しました。その時の経験がその後の人生に少し影響を与えたので、今日はその出来事について触れます。

 

それは大学2年生の初夏、肺炎を発症してしまい、それから9月末まで療養生活をしていました。自由な時間が豊富な大学生の夏休みを棒に振ったわけです。実家にて、ずっとベットの上で部屋の天井を見つめる生活をしていましたが、その時唯一の楽しみだったのが旅ブログ、旅動画を見ることでした。

 

もともと旅行が好きだったので日本や世界を回る旅ブログを見つけては1から読み、また電波少年のヒッチハイクや水曜どうでしょうのサイコロや原付の旅を見ていました。こうして、毎日脳内旅行をすることによって、療養で何もできないストレスを発散して行ったのです。その中で、旅の計画を立てずに自由気まま旅をするバックパッカーに対する憧れが、日に日に増していくことに気付きました。

 

いいなあ、自分もこんな旅をしてみたいな。

 

心の奥底にあるこの想いが時間をかけて無視できない存在になっていきました。

 

 

悩むよりも一歩踏み出してみよう!

f:id:masa_saito:20160522095125j:plain

こんなことがありまして、一年後の大学3年生の夏休みの時、1週間だけバックパッカーをやる決意をするわけです。決断してから行動が早いのが私の取り柄。初めてのバックパッカーに易しそうなシンガポールに行き先を決め、その日のうちに1週間後出発の航空券を購入し、両親に連絡しました

 

Mr. Saito 「一週間後に一人でシンガポール行ってきます。」

Mr. Saito父「どこに泊まるんだ?」

Mr. Saito 「着いてから決める。」

Mr. Saito父「ダメだ。宿泊予約表を見せないと行かせん(怒)。」

 

一度Noと言ったら何を言ってもNoとなる頑固な父。仕方がないので今回はホテルを予約することに。しかし、バックパッカーの自由な旅を少しでも体験したいと考えていた私は、ホテルの予約をわざとシンガポール到着日の翌日からにしたのでした(父には内緒)。これで1日だけだが本当のバックパッカー体験ができる!胸を躍らせながら出発の日を心待ちにしていました。

 

そして一週間後、単身シンガポールへ飛び立ちました。

 

自由気ままに旅をして、旅仲間と会話を楽しんで有意義な一週間にしよう。そんな描いた青写真がガラガラと音を立てて崩れたのはシンガポールについて30分も経っていなかったと思う

 

後編へ続く。

 

masa-saito.hatenablog.com

 追記:後編書きました〜!