テキサス研究留学日記

テキサスに放牧された大学院生が博士号を取るまでの奮闘記

2017年の抱負

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

一年の計は元旦にあり。しかしながら今年は区切りの年であり、今年の目標をどうしようかと悩みに悩んで三日が経過しつつあります。

 

これまでの軌跡を振り返り、自分の人生の在り方を再度考えました。

2009年「貪欲」

2010年「自分への投資」

2011年「夢を叶える」

2012年「準備」

2013年「自分との闘い」

2014年「原点回帰」

2015年「殻を破れ」

2016年「挑戦」

大学生活、大学院生活と、何か結果を残すか、インプットするために身も心も削ってきたように思います。もちろん、それで満足に近い成果をあげられました。しかしながら、改めて振り返ると、自分の学生生活は、絞りきった雑巾のようにも思えました。努力の証である一方、一抹の哀しさをを覚えました。

自分が楽しい人生とは何か、充実した人生とは何か、喜びとは何か、自分らしさとは何か。

仕事、家庭、趣味の三要素のバランスを最適化し、自分の幸福度を最大限にする年としたい。

そんな思いから、今年のテーマを「"自分らしさ"をみつける」としたいと思います。

 

以下、3つの要素についてそれぞれの目標を立てます。今年からの要素は、学業→仕事、人間活動→家庭、趣味に変更しました。

 

 

◎仕事

(1)新しい研究テーマに挑戦

(2)指導教員を共著に含まない論文を年内にsubmit

(3)08:30までに出勤、19:30までに退勤を200日以上達成

博士号を取得して、いよいよ(本当に)研究者としての第一歩を踏み出します。せっかく自由に研究テーマを決められるわけだから、何か今までとは違う新しいテーマを研究したいと思います。そうすれば、新しい知識を求めて勉強できますし、自分の得意分野にもう一本柱を立てられれば期待します。

また、研究者として独り立ちするためにも、指導教員の名前を含まない論文を出すことが当面の目標となります。

さらに、これまで犠牲にしてきた自分の自由な時間を確保するために、仕事の時間を制限し、効率を最大化する努力をします。これはテキサスの生活で学んだ事で、今後の新しい試みとして目標を立てました。

 

 

◎家庭

(1)夫ノートの作成

(2)奥さんに喜んでもらえる活動を週一回

(3)貯金+100万円

いままでは、大学院生として勉学に集中していましたが、これからは夫として必要な知識を身につけるために、夫ノートを作成していきます。週一回程度何かテーマを設けて勉強する習慣をつけます。

奥さんに喜んでもらえる活動は、例えば料理や、大掃除など、普段任せている家事を進んでやりたいと思います。週一回とは言わず、最終的には家事分担まで進めたいと思います。それに加えて、少し凝った料理とか(居酒屋メニューとか)いろいろ挑戦していきます。

お金のかからない贅沢をして、貯金を増やします。もちろん、4月以降の職によりますが、できれば月8万円くらい貯金できたらいいなと思います。

 

 

◎趣味

(1)英語学習TOEFL90点orTOEIC800点

(2)夫婦海外旅行

(3)新しい趣味を開拓

英語は今後も学習していきたいので、妻とともに英語学習を趣味としたいと思います。学生中にTOEFLかTOEICを受験して目標スコアを取りたいと思います。

また、夫婦で海外旅行に行きたいです。実は旅行では、まだ二人で海外に行った事がありません。是非ともこの目標を達成したいです。

毎年達成できていない目標ですが、今年こそは時間をとって興味のある事を見つけたいと思います。

 

今年は区切りの年であり、新しい出発の年でもあります。自分の人生をより豊かにできるように、3つの要素をバランスよく努力をしていきたいと思います。

 

本年もどうぞ宜しくお願いします。